レーシックを受けたくなる瞬間

レーシックを本気で考える瞬間は色々あります。
まずはメガネを作りに行くときです。
とても視力が悪いので、在庫のレンズでは作れず、いつも特注しています…。
お金もとてもかかるし、すぐにメガネが仕上がらず、1週間など待たなくてはいけないときに「あーあ、こんなに視力が悪くなければ」とレーシックを受けることを考えてしまうんですよね。

ちなみにメガネは家の中だけで、普段はコンタクトなのですが、コンタクトをしていると瞳の健康の色々と心配になります。
角膜に傷がついたとか、そういった話が周りから聞こえてくると、「自分は大丈夫だろうか」と考えはじめ、さらには「いつか失明してしまうのでは」という不安に襲われます。

レーシックを受けると、コンタクトやメガネとはさよならできるはずなので、瞳の健康や視力を補うための器具に払うお金のことは心配しなくてよくなりますね。

それから、先日の大震災の際は「コンタクト装用時に被災して、そのまま避難所生活になったらどうしよう…」という考えが止まりませんでした。
だっていつまでもレンズを入れているわけにいかないし、でもメガネは手元にないので、はずすと半径30センチ以上は何も見えないし…。

ということで、災害時を考えると、やはりレーシックは必要なのかなあと結構本気で考えてしまいます。
SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加